フルーツは食前に食べるのが正解!食後のフルーツが危険な理由とは?

朝食やおやつ、食後のデザートに食べるフルーツ。

フルーツには、人の生命活動に働きかける酵素がたっぷり含まれています。

健康や美容のために、普段から積極的にフルーツを食べることを心がけている方も多いのではないでしょうか。

しかし、食べるタイミングによっては、せっかくフルーツを摂取することで得られる健康や美容効果を最大限に活かしきれていないかもしれません。

それどころか、体調不良の原因になってしまっているかも!

フルーツは食べて30分で腸に届く!

酵素の働きによって、フルーツは他の食材よりも短い時間で胃から腸に届きます。

一般的な食事を消化するには最低2~4時間程度かかりますが、なんとフルーツは食べてから約30分程度で胃で消化され、腸に届くのです!

つまり、フルーツには、とても胃に優しく、消化に使うエネルギーを無駄に消費せずに済むという利点と、素早く吸収されエネルギーに変わってくれるという利点を持っています。

フルーツを食後に食べるのは、絶対にNG!

フルーツを食後のデザートとして食べることは一般的ですが、実は食後のフルーツは内臓にとても負担をかけているのです。

果物は胃で消化するのに30分程で、栄養、酵素も含まれていてエネルギーに変わりやすい…というのは、空腹時に限ってのお話。

食後にフルーツを食べても、すでに食事で食べた物が胃の中に溜まっている状態。

その後にフルーツが入ってきても、うまく消化されません。

胃の中にフルーツが長く留まることで、フルーツ自身が持つ食物酵素によって胃の中で発酵が始まってしまいます。また、他の食物にも付着することで腐敗を広めてしまいます。

腐敗したフルーツや他の食物は、胃の中にガスを溜めてしまったり、そのまま腸へと移動し腸内環境も悪くなってしまう…と言う、恐ろしいことが起こります。

これでは胃腸の不調の原因にもなりますし、腸内環境の悪化は肌荒れの原因にもなってしまいますね。

フルーツは、食前や空腹時に食べるのが◎!

ではフルーツを食べるのに最適なタイミングはいつなのでしょうか?

フルーツを食べることで得られる健康や美容効果を最大限に活かすなら、食前や空腹時が理想的と言われています。

食前や食間の空腹時にフルーツを取り入れ、スムーズに栄養成分を吸収させることが、果物の健康・美容効果の恩恵を受けるには効率的。

フルーツの果糖は太ると思っている人も多いかと思いますが、空腹時に摂取した果糖はすぐにエネルギーに変わってくれるので、太ることはありません。

食べるタイミングさえ間違わなければ、果物には健康で若く美しくいるための水分やビタミン、酵素などが豊富に含まれていて、さらに消化もいいので内臓に負担をかけることがありません。まさに良いことずくめ!

これまで食後のデザートとして食べていた方は是非、食前、食間にフルーツを食べるよう心がけてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする