自然な甘さの「砂糖不使用」のジャム!おすすめ3選

甘〜いジャムやようかんは非常食とも言われる程、長持ちする食品の一つ。

ジャムやようかんのようにとても甘い食品がなかなか腐らない理由は、これらの食品に共通して大量の「砂糖」によるもの!

砂糖が大量に入った食品は腐りづらく、砂糖が50%以上含まれている食品では、一般的な細菌はほとんど増殖することができず、70%以上含まれている食品ではカビも生えないんだとか。

そして、一般的に販売されているジャムに入っている砂糖は、精製された大量の白砂糖。

毎朝食べるトーストやヨーグルトに入れるジャムは、少しでも白砂糖の少ないものを選んでみてはいかがでしょうか?

スドージャム「フルーツ100%」

スドージャムは長野県松本市にある大正12年創業のジャム専門メーカー。

砂糖を使わず、濃縮果汁(白ぶどう、グレープフルーツ、レモン)濃縮果汁を使用。

果実と果汁の自然な甘さで低糖度(40度)仕上げられたジャム。

果物の生産状況から厳重にチェックし、原料の栽培・収穫・選果・保管すべての工程において管理を徹底しています。

果物がもっている収穫時の色、香味、形をそのまま残すために、釜の中を真空状態にする真空濃縮釜にて50℃~60℃の低い温度でジャムを濃縮していきます。

ストロベリーはアメリカ産いちご、ブルーベリーは北米産ワイルドブルーベリーを使用。

どちらも果実のしっかりとした粒残りと果実本来の甘味と酸味を味わえます。

サン・ダルフォー「オールフルーツジャム」

砂糖・保存料・着色料は不使用、 自然の美味しさを濃縮し、世界120ヵ国で愛されているフランス産のオールフルーツジャム St. Dalfour(サン・ダルフォー)。

砂糖のかわりにフルーツの果汁で甘みをつけることによって、体にやさしい自然の美味しさを作り出しています。

サン・ダルフォーストロベリージャムの原材料は、いちご(モロッコ、スペイン、エジプト、ポーランド)、ぶどう果汁(スペイン、イタリア)、レモン果汁(スペイン)、ペクチン(フランス) とのこと。

パンやヨーグルトのお供はもちろん、紅茶に入れるのもおすすめなんだとか!

ちなみに、サン・ダルフォーの中で人気№1は、アントシアニン豊富なワイルドブルーベリーを贅沢に使用したブルーベリーだそう。

アヲハタ「まるごと果実」

 

言わずと知れた、アヲハタのまるごと果実は、砂糖を使わず、果実と果汁で作った自然な甘さと果実のおいしさを楽しめるフルーツスプレッドです。

まるごと果実の魅力は、様々なラインナップ!

オレンジ、イチジク、白桃、マンゴーなど、一度は食べてみたいジャムがたくさん。

特におすすめなのは「白桃」「りんご」です!

りんごは、甘くシャキシャキとした食感の赤りんご(ふじ)と、酸味と香りがさわやかな青りんご(グラニースミス)をバランスよく組み合わせ、すっきりとした味わい。(糖度約33度)

ふじは、シャキシャキとした食感を活かすため、大きめにカット。グラニースミスは、さわやかな酸味と香りで、粗くすりおろした果肉のすっきりとした風味が特徴。

ぜひいろんな種類を試してみたいですね!