有機、オーガニック、ビオ、無農薬、特別栽培…などの違いは何?一番安全なのはどれ?

「オーガニック」「有機栽培」「無農薬」「減農薬」

どれも健康に良さそうで、安全性の高いものというイメージがありますが、これらの違いを知っていますか?

どのように生産されたものなのか、「有機栽培」と「無農薬」ではどちらが安全なのか、意外と知らないのではないでしょうか。

また、どれが一番農薬が少なく、健康に良いのでしょうか。

「慣行栽培」=農薬を使用する

一般的に、農業は化学肥料と農薬を用いた「慣行栽培」(慣行農法)という手法が広まっています。

それに対して、化学的に合成された農薬や肥料を使用しない「有機栽培」(有機農法)

農薬を使用しない「自然農法」があります。

「有機栽培」 =「オーガニック」

「オーガニック」とは「有機栽培」という訳されるので、同じ意味となります。

自然の原料を使った肥料を使用し、環境への負荷が少ないという意味です。

どちらの言葉も商品に記載するためには、一定の基準を満たす必要があります。

有機栽培の定義

有機栽培とは、「化学的に合成された肥料及び農薬を使用しないこと、並びに遺伝子組換え技術を利用しないことを基本として、農業生産に由来する環境への負荷をできる限り低減した農業生産の方法を用いて行われる農業」と定義されています。

簡単に言うと、化学肥料や農薬、遺伝子組換え技術を使わない、環境にやさしい栽培方法のこと。

有機栽培は、たい肥などで土づくりを行うことから始まります。

化学肥料や農薬にたよらず、家畜小屋の糞尿・敷きわらや堆肥など、動植物質の(=有機)肥料で、安全かつ美味の食糧を作る栽培法。

有機野菜と聞くと、「農薬を使わない安全な野菜」と思われがちですが、自然の力を生かした環境にやさしい方法という意味合いも含まれています。

JAS規格

有機栽培をしていても、全ての農産物が有機栽培の表示をできるわけではありません。

「有機農産物」として出荷・販売するには、JAS規格による検査に合格する必要があります。

このJAS規格を満たし、検査に合格すると、「有機JASマーク」を付けることができるようになります。

ですので、有機JAS規格による検査に合格しなければ、「有機」とも「オーガニック」とも表示することはできません。

JAS規格とは、農林水産大臣が制定した「日本農林規格」のことで、品位・成分・性質など品質に関係する基準、生産方法に関する基準が定められています。

「有機野菜」「有機農産物」等と表示するためには、

  • 種まき又は植え付けする2年以上前からほ場(畑)の土に禁止された農薬や化学肥料を使用していないこと
  • 栽培中も禁止された農薬や化学肥料を使用していないこと
  • 使用する肥料や農薬は天然物質又は化学的処理を行っていない天然物質に由来するもののみ
  • ほ場や施設、用具などに農薬や化学肥料の飛散・混入がないこと
  • 遺伝子組換えの種を使わないこと
  • 病害虫を防除するのに農薬に頼らないこと

などの条件を満たすよう、JAS法で厳密に定義されています。

農林水産大臣に登録された登録認定機関により、書類審査と実地検査の両方を実施し、前述の条件を満たしていること、生産管理や生産管理記録の作成が適切に行うことができることを確認することにより行われます。

認定後も有機JAS規格に基づいた生産を行っていることを確認するため、最低1年に1回、認定農家等の調査を行うこととなっています。

出典・引用:有機JASってなあに?|有機JAS認定の安心の食品なら、株式会社味千汐路

このように、土づくりだけでなく生産過程に多くのルールがあり、それをらに従って、認められて、初めて「有機農産物」と表示することが許可されます。

ちなみに、審査には費用がかかり、農家さんが全額負担します。

「申請手数料」と「検査手数料」が必要で、金額は5万円前後と言われています。

無農薬・減農薬の表示は禁止されている!

「無農薬栽培」や「減農薬栽培」という言葉も良く聞かれますが

現在は「無農薬」や「減農薬」と表示することが禁止されています。

無農薬栽培

無農薬栽培とは、その名の通り、生産期間中に全く農薬を使用しない栽培方法です。

ですので全く農薬を含まないと思われがちですが、 実際にはそうではなく、土壌に農薬が残っていたり、近隣の畑から飛散してきたりくることも考えられます。

しかし、収穫された農産物に全く農薬を含まないことを示す明確な基準や、それを認定する機関がないため、現在は「無農薬」と表示することが禁止されています。

減農薬栽培

減農薬栽培とは、使用する農薬を削減して栽培する方法を言いますが、無農薬栽培と同様、明確な基準や認定機関はありません。

どの程度農薬を減らしているのか、明確にすることが難しいため、現在は「減農薬」も「無農薬」と同様、表示することが禁止されています。

無農薬、減農薬に代わる「特別栽培農産物」

「無農薬」や「減農薬」と表示することが禁止されてしまっていますが、現在では、慣行栽培(通常の農薬を使用する栽培方法)より、農薬や肥料を減らしたものは「特別栽培農産物」という表示ができるようになっています。

農林水産省の表示ガイドラインによると、現在の「特別栽培農産物」の満たさなければならない基準は、以下の2点です。

⑴当該農産物の生産過程等における節減対象農薬の使用回数が、慣行レベルの5割以下であること。

当該農産物の生産過程等において使用される化学肥料の窒素成分量が、慣行レベルの5割以下であること。

表示の方法としては、「特別栽培農産物」という文字と共に、以下のようにわかりやすく表示するようになっています。

農薬を全く使用しない場合・・・「農薬:栽培期間中不使用」

節減対象でない農薬を使用した場合・・・「節減対象農薬:栽培期間中不使用」

化学肥料の使用量を削減した場合・・・「化学肥料(窒素分):当地比◯割減」など

非常にこだわって栽培されている農家さんもいらっしゃるのですが、有機JAS規格の認定の方が、はるかに厳しい条件であることがわかりますね。

「ビオ」も有機・オーガニックと同じ

ちなみに、最近よく聞くようになった「BIO」「ビオ」は、EUにおける有機、オーガニックのことです。

ビオロゴユーロ版

日本における「有機JAS規格」同様に、農薬・化学肥料・遺伝子組み換え技術が禁止されているなど同じように厳格で細かい規則があります。

しかし日本国内では「有機」「オーガニック」と異なり、任意に使用可能です。

「自然農法」

自然農法とは、「耕さず、除草せず、肥料を与えず、農薬を使用せず」に作物を栽培する方法です。

自然農法の手法は、実践している人によって様々で、明確な定義があるわけではありません。

虫がいて、雑草も生えているような自然の中でも、農薬や肥料のない自然の力で植物は育って行きます。

そんな、本来自然が持っている力を最大限に生かし、作物を栽培するのが「自然農法」です。

結局、一番安心できるのはどれ?

有機JASは日本、農産物への安心・安全の基準としては最高の基準です。

もし、安全・安心な農作物を探しているのであれば、有機JASを取得しているものが一番安心であると言えるでしょう。

しかし、有機JASを取得している=無農薬ではなく、あくまで禁止された農薬と化学肥料の禁止となります。

また、有機JASを取得できず、特別栽培農産物として販売されていても、とことん安心安全にこだわって作られている農家さんもいらっしゃいます。

表示を参考に、安心安全な農作物選びを心がけましょう。