美味しい「日本のお茶」は農薬まみれかも。お茶だけ農薬の基準が異常に緩い理由とは?

私たち日本人が毎日飲む「お茶」。

毎日飲むものなので、安心できる「国産」が一番!

そう思っているのは間違いかもしれません。

お茶の栽培に使われる農薬は200種類以上

お茶の栽培に使われる農薬は、実に200種類以上あり、

お茶の木には、少なくとも農薬を年4~5回から10回以上散布する場合もあるそう。

毎年行われているということは、土壌への農薬の蓄積も避けられないでしょう。

お茶に使われる農薬は分解・消失される?

農薬は散布した後、

●日光による光分解

●風や雨による洗い流し

●作物の代謝

●酵素や水との化学反応分解

などの分解によってその一部が消失されるとも言われていますが…

日本のお茶は残留農薬基準値が緩い!

しかし、消失されているかどうかの基準となるのが、残留農薬の基準値です。

日本では他の農産物と比べて、お茶の残留農薬の基準とされる数値が高いのが問題です。

例えば、大豆とお米の基準を比べてみると、

農薬 シラフルオフェン
お茶:80ppm 大豆:0.1ppm 米:0.3ppm

農薬 テブコナゾール
お茶:50ppm 大豆:0.3ppm 米:0.05ppm

農薬 クロラントラニリプロール
お茶:50ppm 大豆:0.2ppm 米:0.05ppm

お茶の方が、1000倍多いものもあります。

引用・出典:CHAKATSU「毎日飲むお茶。茶葉の【農薬】は大丈夫?」

https://chakatsu.com/basic/nouyaku/

その中には、たとえば台湾、アメリカ、オーストラリアなどでは検出されたら輸入できない「不検出」で、EUは0.02ppm(㎎/㎏)以下なのに、日本の基準値が40ppmと2000倍もゆるいものもある。

シラフルオフェンという農薬など、EUでは0.01ppmなのに、日本は80ppmと、なんと8000倍もゆるいのだ。

出典・引用:日刊ゲンダイ「おいしい「一番茶」は毒まみれ…高濃度で農薬検出の衝撃」

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/232809

お茶だけ残留農薬基準値が高い理由

諸外国でも、お湯を注いでそのまま飲む為、農薬の基準を「不検出」にしている国も

多いようですが、なぜ日本では残留農薬の基準が高いのでしょうか。

日本では

①茶葉を食べない

②一度に使う量が少ない

③茶葉に残っている農薬は溶け出しにくい

などといった理由で、基準をゆるくしているそうです。

果物や野菜は必ず洗ったり、皮をむいたりして食べるものですが、

お茶は淹れる前に洗うことがでないので、逆に厳しくしてほしいものです。

収穫後、農薬を洗い流す工程はなし!

さらに困ったことに、お茶は収穫したあと乾燥・選別して出荷されますが、

この工程で農薬を洗い流す作業はありません!

しかも、お茶を入れるときに茶葉を洗う人はいません。

一番茶などは特に、農薬を散布してから摘み取るまでの期間が短いことから、

高濃度で農薬が検出されることがあるんだとか。

一番茶はおいしいですが、「無農薬」「オーガニック」の表示がなければ、

それなりに覚悟して飲む必要があるのかもしれません。

玉露のように高級なお茶もありますが、高いからといって安全なお茶だとは限りません。

世界第3位の農薬使用大国「日本」

日本は、耕地1ヘクタールあたり農薬使用量(2010年)は12.1kgで、

世界第3位の農薬使用大国と言われています。

これは、アメリカの倍、ヨーロッパ諸国の3倍~10倍に及ぶ。

1位は中国で17.8kg/ha、2位は韓国で13.1kg/haとなっている。

(出典:GREENPEACE「日本は農薬大国!?  農薬を使う理由は?」

EUで全面使用禁止され、その後、韓国、アメリカやカナダの各州で次々に規制、

毒性がとても高く禁止された「ネオニコチノイド系」農薬も、日本では野放し状態。

有機農家のシェアも、世界最低レベルで、日本の耕地面積の*0.5%にとどまっています。

(*出典:農林水産省「有機農業をめぐる事情 平成30年3月」)

健康にいいはずのお茶に、農薬が残留?

農薬が基準値内だからと言っても、農薬は害虫や細菌などを殺すための有毒なもの。

その成分が含まれているお茶を、安心して飲むことはできません。

お茶には、種類によって様々な健康効果が期待されますが、

農薬が残留しているものを毎日飲んでいるのなら、意味がないどころが有害になってしまいます。

特に、妊娠中の方が飲むものや子供たちが飲むお茶を選ぶ際は、国産にこだわらず、

「無農薬」「有機」「オーガニック」などの表示があるものを探してみてはいかがでしょうか。

手軽で便利な粉末緑茶も、オーガニックのものなら安心!

お徳用でコストパフォーマンスが高い「みたけ」の有機麦茶はカナダ産。