精油=薬!医師が処方する、フランス式の「メディカルアロマテラピー」とは?

日本のアロマテラピーは「イギリス式」

「アロマテラピー」の発祥は、フランスが起源です。

聖書にも度々登場するように、精油は古来より重宝されてきましたが、

「アロマテラピー」という言葉が生まれたのは1920年代初頭のこと。

フランスの科学者、ルネ・モーリス・ガットフォセが、研究中に手に火やけどを負い、

すぐ近くにあったラベンダーの精油に手を付けたところ、傷跡も残らず治ってしまいました。

これに驚き、「医療に役立てるのではないか?」と医師、薬剤師、研究者とともに研究をすすめていったたのが始まりです。

その後、フランス軍医が、負傷者達に精油を使った治療をして大きな成果を出したのが、

「メディカルアロマテラピー」の起源です。

フランスで現在も「メディカルアロマテラピー」がさかんなのは、アロマテラピー発祥の地

として、長年、医学とセットになった臨床研究がおこなわれてきたからでしょう。

しかし、日本に初めてアロマテラピーが伝わった際に、イギリス式のアロマテラピーの本が

翻訳されて入ってきたため、現在も日本ではイギリス式が主流となっています。

イギリス式は、主に香りとマッサージによるリラクゼーションとして利用します。

日本のほとんどのアロマに関する団体、協会がイギリス式の美容・リラクゼーション目的のアロマテラピーに倣っています。

フランス式のアロマテラピーとは?

フランス式メディカルアロマテラピーは香りだけでなく、精油の成分を利用して

病気の予防や体調不良を改善する自然療法です。

また、精油の成分を分析し治療目的で研究されているので、医療面の臨床データが豊富です。

フランス式のアロマは別名「メディカルアロマ」とも呼ばれ、

高濃度の精油で体調不良の改善や病気の予防などを目的としており、

肌につけるだけでなく、精油をカプセルで服用したりするケースもあるので、必ず医師の処方が必要なのです。

フランスでは精油の処方は医療行為として医師だけに許可されているのが特徴です。

ですので、フランスの薬局には、様々な種類の「メディカルグレード」の精油が常備されています。

メディカルアロマテラピーは精油の品質が重要

「メディカルアロマテラピー」=精油(エッセンシャルオイル)を吸入(芳香浴)、

皮膚塗布、飲用などによって体内に取り込み、心や体の治療をすること。

体に取り込むものですから、精油の品質が重要となってきます。

フランスの薬局で販売されるようなメディカルグレードの精油は、

厳しい品質基準をクリアしなければなりません。

残念ながら、日本の雑貨屋さんで販売されているような安価な精油には、

人工的につくられた化学物質が含まれていたり、アルコールで希釈されていたりすることが

あるので、「ディフューズをしていたら気分が悪くなった」

「肌に触れたら痛くなった」 などのトラブルもあります。

「品質のいい精油」の選び方

「品質のいい精油」の目安となるのは以下の3点です。

● 100%天然で純粋あること

● 水蒸気蒸留法または圧搾法によって抽出されている

● GC/MS(ガスマス)分析による検査が行われている

100%天然で純粋あること

メディカルアロマテラピーで使用する精油(エッセンシャルオイル)は、

100%天然の植物だけを使用=100%天然で純粋のものでなくてはなりません。

さらに、天然の植物は栽培される土地の気候や土壌、収穫時期などによって香りが異なり、

薬理効果までも違ってしまうことがあります。

必要な効能を発揮するために、薬効成分だけでなく、安全な環境で育てられていることを

確認できるメーカーのものである必要があります。

水蒸気蒸留法または圧搾法によって抽出されている

メディカルアロマテラピーで使用する精油(エッセンシャルオイル)は、

水蒸気蒸留法によって抽出されたものでなければなりません。

オレンジ、レモンなど柑橘類は圧搾法によって抽出されたものがよいでしょう。

安価な精油は、香料としての精油を簡単に抽出するために、石油から作られた

ヘキサンやエタノールなどの揮発性有機溶剤を用いているものが多いです。

水蒸気蒸留法に比べ、手間やコストがかからず現在では一般的ですが、

溶剤がエッセンシャルオイルに残留する危険があります。

GC/MS(ガスマス)分析による検査が行われている

メディアカルアロマテラピーのためのエッセンシャルオイルは、科学的な方法によって、

客観的に品質評価がなされているものでなければなりません。

そこで、「GC/MS(ガスマス)検査」と呼ばれる、装置を用いた分析が、精油の品質評価を

行なう上で、最も正確な検査方法と言われています。

このガスマス検査の分析表を公開している精油がメディカルアロマテラピーに使用されます。

フランス式メディカルグレードの精油は日本で手に入る?

日本でも近年ではフランス式のアロマテラピーを取り入れている団体やスクールも

増えてきているようです。

それに伴い、少ないですが、メディカルグレードの精油も販売されてきています。

こちらの「プラナロム」の精油はフランスでも有名で

成分分析表も添付されており、安心できるメーカーです。

(ただし、日本においての直接塗布や飲用は推奨されていません。)

認知症にも効果!メディカルアロマテラピー

もの忘れや認知症予防にもメディカルアロマが注目されています。

精油の嗅ぐことで、脳に刺激を与え脳のキャパシティを開発し、脳機能の回復と維持に

つながる=認知症予防になるとして、現在世界中で研究がされています。

病院などで処方される薬は、即効性はありますが、長く使用すると

副作用などの問題が出てくる場合もあります。

世界中でメディカルアロマテラピーが普及し、いずれはより自然な形で病気を癒せるように

なるかもしれません。