1日3食はエジソンの陰謀だった!飽食の現代人に1日3食は不要。むしろ体への負担も!

「1日3食」が当たり前?

現代に生きる私たちに当たり前の「1日3食」ですが、これって一体誰が決めたのでしょうか?

小さい頃から、母親には「朝ごはんは必ず食べなさい!」と言われ、学校では「1日3食規則正しく食べましょう」と教えられてきた方がほとんどだと思います。

現に、日本ではやはり厚生労働省が1日3食を推進しています。

食生活のあり方を簡単に示した栄養3・3運動

「栄養3・3運動」は、健やかな毎日のための基本的な食生活のあり方を簡単に示したもので、「3・3」は3食・3色を意味し、毎日、朝・昼・夕の3食と、3色食品群のそろった食事をとるよう勧めています。
出典:厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

しかし、朝起きてまだ食欲がないのに無理に食べる必要があるのか?と、疑問に思ったことはありませんか?

そもそも人間は、1日3食食べないと生きていけないの生き物なのでしょうか?

昔は「1日2食」が基本だった

1日3食という食習慣が始まったのは、西洋でも200年足らずです。

日本でも江戸時代まで一般的な日本人は1日2食で生活をしていたと言われています。

しかし、大工や職人など力仕事をする人たちが昼食を摂るの習慣が徐々に一般の民にも広まっていったといか。また、江戸時代以降は蝋燭の普及によって、生活時間帯が長くなり、お腹が空いて1日3食文化が定着したという説もありますが・・・

「1日3食」はエジソンが決めていた!

西洋では、1日3食の普及にはこんな裏側がありました。

ドイツの栄養学の確立と共に、エジソンの発明した「トースター」が普及する頃にさかのぼります。つまり、朝パンを普及することで、トースターを売るためにエジソンと販売業者が「朝食必要論」を提唱しはじめたのです!

エジソンは、当時マスコミに、「どうしたら、あなたのように頭がよくなるんですか?」という質問に、「一日3食欠かさず食べることだ」といったそう・・・

しかも、実はエジソンは電力会社も経営していたとか!そのために、トースターが売れれば販売利益だけでなく電気料金までも儲かるという構図だったとか・・・

(出典:やりすぎ都市伝説)

飽食の現代人に1日3食は不要。むしろ体への負担も!

科学の進歩に伴い日本人の成人男子は平均して1日2500~2700kcalのエネルギーが必要だと言われるようになったのですが、しかしエネルギー摂取量は労働環境の変化とともに今では2000~2200kcalと減少して、今では健康上1日3食は体への負担が大きいとも言われているみたいですね。

さらに現代は、添加物満載の加工食品や、砂糖まみれ・油まみれの食品が増えたことで、1口で摂取カロリーも増加し、必ずしも3食食べることがヘルシーだとは言えない事態になってきています。

そのため1日3食文化を見直す人が多くなっているのです!

食事の後に眠たくなるのは体からのSOSサイン!

驚くべきことに、1日3食を消化吸収する為のエネルギーは、フルマラソンを完走できるほどの消費カロリーに相当するんだとか・・・!つまり、3食消化吸収する為には非常に大きなエネルギーが必要だと言うこと。

食後に襲ってくる眠気や、満腹時に苦しくなったり・・・。これは「消化吸収に大きなエネルギーが必要だから、しばらく脳や体を動かすのはやめて休んでください!」という体からのSOSサイン!

消化吸収の為にエネルギーが使用されている時間帯は、脳や体に充分なエネルギーが供給されません。

また、食事の回数が多いと、胃や小腸、大腸、肝臓や膵臓といった臓器は休みなく働き続けて疲弊してしまいます。その結果、内臓の不調や病気などのリスクを高めてしまいます。

こう考えると、食事の回数は少ない方が、消化器系への負担を減らすことができ、代謝機能や免疫力、病気や怪我の自然治癒力の向上、病気のリスクを抑えることにもつながりますね。

アトピーやアレルギーの原因の1つが「腸の使いすぎ」

アレルギーやアトピーによる肌荒れは1日3食による「腸の使い過ぎ」が原因の1つとも言われています。

また、ニキビや肌荒れも、食べ過ぎによって腸や内臓が疲れてしまうことから起こります。

1日1食を抜くデトックス効果によって、これらの症状の改善も期待できます。

1日1食がオススメ!でも朝食を抜くだけでも◎!

一番手軽なのは、誰もが忙しい朝に、朝食の時間を抜くこと。朝食を抜くだけで、腸の蠕動運動を促してくれて、腸を綺麗にしてくれるのです。

▼プチ断食(半日断食):朝食を抜く。ただそれだけ。もっとも簡単です。そして、効果は高い。甲田医師も推奨しています。これは、一生続けられる少食健康法です。
▼一日一食:これは、わたしのライフスタイル。じつに快調です。最近、一日一食主義の人が増えています。なんと、ビートたけしさんも一日一食だそうです。わたしは、無理はしない。友人たちとの旅行などでは三食いただきます。ただし、食べると体が重くなりますね

引用:うつみん(内海 聡)のブログ

キチガイ医(内海 聡のHN)が心療内科、精神科の問題だけでなく 医療界、社会、政治の問題点に斬り込むブログ

朝食を抜くと言っても、スムージーや酵素ジュースで水分・栄養補給を忘れずに!にんじんジュース、紅茶生姜、具なし味噌汁などもオススメです。

1日1食にする場合は、夕食のみ摂るという方が多いようです。

結論からいえば、1日1食でも1日2食でも、正しいやり方ならばどちらも体への負担を抑え、健康になることにつながります。またカロリー摂取量を抑えることができ、ダイエットにも!

無理は禁物。楽しんでファスティング(断食)しよう!

このように食事の回数を減らすことをファスティングと言います。つまりは断食のことですね。

1日1食でも、1日2食でも共通して言えることは「無理は禁物」だということ!

急激な食事制限は体調を崩したり、美容面でのトラブルを生むだけなので要注意。

ストレスを貯めながらやっていては意味がなく、無理なく進めながら楽しく実践することが大事ですね。

一食分抜くことで食べる量は減ります。その分、他の食事は栄養のバランスのよい食事を心がけるなど、体のことを考えた食生活を送るようにしてください。