すすぎをしない「柔軟剤」は危険!「香害」「界面活性剤」の健康被害について

すすぎをしない「柔軟剤」は危険!「香害」「界面活性剤」の健康被害について

洗濯物をふわふわ、いい香りにする「柔軟剤」ですが、すすぎをしないため界面活性剤や合成香料が残留し危険かもしれません。あなたが使用している柔軟剤は、本当に安全なものですか?柔軟剤の成分を知っていますか?そして、「化学物質過敏症」「香害」と呼ばれる健康被害について知っていますか?

初心者にもおすすめの「アロマヨガ」。精油の香りでヨガの効果を最大限に!

初心者にもおすすめの「アロマヨガ」。精油の香りでヨガの効果を最大限に!

初心者にもおすすめの「アロマヨガ」。精油の香りでヨガの効果を最大限に!アロマテラピーとは、植物から抽出した香り成分である精油(エッセンシャルオイル)を使って、心身のトラブルを穏やかに回復し、健康や美容に役立てていく自然療法です。ヨガとアロマテラピーは相性が良く、この2つを合わせたものが「アロマヨガ」。アロマテラピーの深いリラックス効果を得ながら、リフレッシュでき、ヨガ初心者におすすめです。

そのチョコレートは大丈夫?市販のチョコレートはカカオよりも植物油脂や添加物の方が多いかも。

そのチョコレートは大丈夫?市販のチョコレートはカカオよりも植物油脂や添加物の方が多いかも。

販のチョコレートは、カカオよりも植物油脂や添加物の方が多い!スーパーでで売られている、某チョコレートの原材料を確認してみると・・・砂糖、植物油脂、全粉乳、カカオマス、ココアバター、乳等を主要原料とする食品(ホエイパウダー、生クリーム、脱脂粉乳、乳糖、バターミルクパウダー、砂糖)、乳糖、脱脂粉乳、乳化剤、香料、(原材料の一部に大豆を含む) ・・・チョコレートなのにカカオマスではなく、「植物性油脂」の方が多いチョコレートは、健康に良いとは言えません。

フッ素、合成界面活性剤等不使用!安心安全の「子ども用歯磨き」は?

フッ素、合成界面活性剤等不使用!安心安全の「子ども用歯磨き」は?

毎日口の中に入る「歯磨き粉」「歯磨きジェル」には、フッ素、ラウリル硫酸Na、プロピレングリコール、サッカリン・・・など安全性が不確かな様々な成分が含まれています。特に、フッ素は虫歯予防に一定の効果が認められていますが、劇薬とも言われており、歯科医の中でも賛否両論。歯磨きは毎日しますから、食べ物と同じように安心できるものを選びましょう。特に乳幼児は飲み込んでしまうことも多く、より安全な歯磨き選びを心がけたいもの。フッ素だけでなく、発泡剤や研磨剤、サッカリン不使用、合成界面活性剤等不使用!安心安全の「子ども用歯磨き」は?

狂った油「人工トランス脂肪酸」が危険な理由。子供はなるべく避けて!

狂った油「人工トランス脂肪酸」が危険な理由。子供はなるべく避けて!

狂った油、食べるプラスチック「人工トランス脂肪酸」が危険な理由。人工トランス脂肪酸は、主にマーガリン・ショートニング・ファットスプレッドに含まれます。つまり、これらの油脂を使う、パン・菓子・揚げ物など様々な食品に含まれているのです。健康に悪影響があるとして、2015年、アメリカ食品医薬品局(FDA)は、2018年6月までに人工トランス脂肪酸の含まれる食品仕様を全廃すると発表。2018年9月には、カナダ国内で、人工トランス脂肪酸の使用が正式に禁止されました。現在では、アメリカやカナダでは人工トランス脂肪酸が含まれた食品の販売使用が全面的に禁じられていますが、日本ではいまだになんの規制もありません。

超低農薬、超低酸度、高品質。偽装オリーブオイルが問題になっている今、チリ産オリーブオイルを選びたい理由

超低農薬、超低酸度、高品質。偽装オリーブオイルが問題になっている今、チリ産オリーブオイルを選びたい理由

超低農薬、超低酸度、高品質。偽装オリーブオイルが問題になっている今、本場ヨーロッパ産よりもチリ産オリーブオイルを選びたい理由とは。南米のチリではその気候風土を生かし、ワインの生産が盛ん。チリ産ワインは、コスパが高いと人気がありますね。そして、オリーブオイルもまた、スペインやイタリアなど欧州のイメージがありますが、このオリーブオイルの品質も負けていないんです!

日本では6ヶ月未満の赤ちゃんに使用禁止!虫除け成分「ディート」の危険性

日本では6ヶ月未満の赤ちゃんに使用禁止!虫除け成分「ディート」の危険性

日本では6ヶ月未満の赤ちゃんに使用禁止!虫除け成分「ディート」の危険性を知っていますか?ディートが虫除けに高い効果を発揮するのは、蚊の触覚を麻痺させ、人間を吸血対象として感知できなくしてしまうことによります。ディートは直接、粘膜や顔、手、傷口に使用しなければ、安全に使うことができるということですが、神経を麻痺させる成分を、神経系の発達が盛んである乳幼児に使用は避けるべきです。